×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2008年05月11日

ボクサー?妊娠36週

今日はさむかったなぁバッド(下向き矢印)

雨やしふらふら


IMG_1845.JPG

いつもはかぶらないのに・・・

雨やからかたらーっ(汗)



IMG_1846.JPG


なんかまぬけだあせあせ(飛び散る汗)





妊娠10ヶ月・胎児の状態
(妊娠36〜39週)



4頭身になり、顔つきもふっくらに

 妊娠39週になると、頭と身長の比率は4分の1になって4頭
身になります。身長は約50cm、体重は約3100gになるとともに、
内臓の働きを含めて、外界の生活に十分適応できるまでに成熟
します。

 赤ちゃんが外界に適応できるように成熟しているかどうかは、
体重増加など体の発育と合わせて、体の機能の成熟度が重要で
す。とくに、誕生と同時に肺で呼吸ができること、体温を調節
して一定に保つことができることなどが、成熟児の条件です。
一般的に妊娠35週を過ぎて、かつ体重が2500gを超えると、ほ
ぼ成熟しているといっていいでしょう。  


 
「大きくなりすぎるのは困る」赤ちゃん

 妊娠36週ごろになると、赤ちゃんの膵臓(すいぞう)の働き
が成熟して十分な量のインスリン(血糖値を調整するホルモン)
を分泌しはじめます。ママがこの時期にたくさん食べて高血糖
になると、赤ちゃんも高血糖になり、インスリンをたくさん分
泌します。過剰に分泌されたインスリンの成長促進因子の作用
で、赤ちゃんは一気に太る可能性があります。

 赤ちゃんが大きくなりすぎると難産になりやすく、お産が長
引くと赤ちゃんが苦しくなる(胎児仮死)心配もあります。マ
マはこの時期くれぐれも過食にならないように注意しましょう。  
 

赤ちゃんは生まれる直前まで動いています

 受精から266日目が、赤ちゃんの誕生予定日!

 まるまると大きくなった赤ちゃんの多くは、頭を下にした姿
勢で子宮の中で窮屈に手足を曲げています。苦しくないか心配
になりますが、窮屈なりに赤ちゃんは最も居心地のよい姿勢に
落ち着いています。自由に遊泳していた時にからまったのでし
ょうか。首や体に臍帯(さいたい)を巻き付けている赤ちゃん
もいます。カラードップラーという超音波検査では、臍帯の血
液の流れを観察できます。からまっていても臍帯にはきちんと
血液が流れて、酸素や栄養が赤ちゃんに届いているのがわかれ
ば安心できます。あわせて、出産の時には、赤ちゃんはママの
子宮の中にいたそのままの姿勢で生まれてくるのが最も安全と
いうことがわかっています。つまり、狭い子宮の中でかなり窮
屈でも、赤ちゃんにとっては安全で心配のない姿勢というわけ
なのです。

 また、赤ちゃんはどんなに窮屈でも、ムギュッムギュッ、モ
ジモジと体を動かしています。胎動はかなりおおまかな動きに
なり、胎動が鈍くなったと感じるママもいますが、赤ちゃんは
生まれるまで動いています。赤ちゃんは胎動によって「元気!」
とママに知らせています。もし、いつもと違う感じがしたり、
ピタッと動かなくなったような時は、すぐに診察を受けましょ
う。









みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!


posted by ぽいのぶ at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントもういつ産まれてもいい頃ですね〜!
二人目は早まる人が多いしそろそろかな?
頑張ってくださいね〜
応援ぽち
Posted by ピンクドルフィン at 2008年05月12日 00:39
ピンクドルフィンさんへ

ありがとうございますm(__)m
ほんまもうそろそろや(^O^)
勇成マンのときは予定日より三週間早かったですからね(^O^)
Posted by ぽいのぶ at 2008年05月12日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。