×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2007年03月02日

優しさ、思いやり!

ぴかぴか(新しい)スキンシップが優しさの素ぴかぴか(新しい)

 子どもは新生児のときから、やさしさを感じることが出来ます。授乳、沐浴、おむつ替えなどの日常生活で、お母さんの肌のぬくもりから愛情を感じ、心地よさを体験しているのです。

 この時期の、母親のスキンシップが、子どものやさしさを育む原点となります。

 でも、これらを日常生活の義務として機械的に行っては愛情は伝わりません。おむつ替えなら「おしりが気持ち悪かったね。さっぱりしようね」という心からわいてくる愛情と言葉かけが大切です。

 抱っこもおおいにしてあげましょう。子どもは、何か不安な事や恐怖心があって、”抱っこ”という形で母親を頼ってきます。数秒間でも抱っこしてあげると、子どもの心が安らぎ、そして、心地よい体験は、他人へのやさしさを育みます。


レストラン今日の離乳食レストラン

白菜のベーコン煮
ひらめき白菜2/5枚
ひらめきタマネギ1/10個
ひらめきニンジン輪切り0.5cm
ひらめきベーコン1/2枚
ひらめきだし汁大さじ3
ひらめき片栗粉小さじ1/3
@ニンジンは茹でてイチョウ切りにし、白菜も茹でて1cmに切る。
Aタマネギはみじん切りにする。
B鍋にベーコンを入れてさっと炒め、ニンジン、白菜、タマネギを加えてさらに炒める。
CBにだし汁を加えて煮込み、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら出来上がりです。

ホームページ制作

ほ乳瓶(グーフィー)



posted by ぽいのぶ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。