×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2007年02月21日

赤ちゃんのケア2

ぴかぴか(新しい)[ 発熱について ]ぴかぴか(新しい)


発熱は、赤ちゃんの体が感染と戦っている結果起こるものなので、高い熱でもそれ自体を心配することはありません。

また生後 2か月を過ぎたら、熱が出ても、よく笑い、よく食べ、よく眠るようであれば、あまり心配することはありません。大切なことは、発熱にともなって起こる他の症状をよく観察することです。

発熱している赤ちゃんに、次のような症状があった場合はすぐに医師に連絡しましょう。

ひらめき発熱が 39℃ 以上あるか、もっと低い熱でも 3 日以上続いている。

ひらめきすすり泣くか、もしくは手がつけられないほど激しく泣く。または触ったり動かしたりすると泣く。

ひらめきまったく食欲がない。

ひらめき明らかにいつもと様子が違う。

ひらめき目を覚まさない。

ひらめき首を動かすと痛がる。

ひらめき呼吸が苦しそう、速い、雑音がする、またはゼーゼーいう。

ひらめき他の症状に加えて下痢をするか、便に血が混じっている。

ひらめき何も飲み込めない、あるいはいつもより多くよだれを垂らす。

ひらめき赤ちゃんの肌に、赤色または紫色の斑点がある。


レストラン今日の離乳食レストラン

青菜の卵とじ
ひらめきほうれんそう20g
ひらめき卵1/3個
ひらめきだし汁大さじ3
@ほうれん草は、ゆでて水に取り、水けをしぼって粗みじんに切る。
Aだし汁を@に入れて煮立て、割りほぐした卵を加えてひと混ぜして、卵に火を通す。 

ホームページ制作



posted by ぽいのぶ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。