×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2009年10月10日

肥満児をつくる8つの危険因子にご注目!


こんなに多くのことが肥満児に関わります


1. 妊娠中と分娩時

新生児の体重が重い程、直線的に7歳児の肥満が増加します。ただし、
この資料では母親の妊娠糖尿病は調べられていませんでした。

また、妊娠28週から32週の間に喫煙の習慣があった母親の子供は明ら
かに肥満になりやすかったのです。


2. 親が肥満である

片方の親が肥満だと7歳児の肥満も増える。特に両親が肥満だと、肥
満のリスクが高いのです。


3. 睡眠時間が短い

3歳児の時の夜の睡眠時間が10.9時間より短かった児童は、7歳児にな
ると肥満になる傾向があった。これは睡眠中の生長ホルモンの分泌の
影響や、夜更かしが太りやすい生活環境に関与していると思われてい
ます。


4. 日常座りがちである

3歳児の時に、週4時間以上テレビを観ていた児童は、7歳では肥満に
なりがちでした。活動量の減少と、テレビを観ながらのつまみ食いも
指摘されています。


5. 乳児期から肥満傾向である

生後8ヵ月と18ヵ月の体重測定で、すでに上位1/4に入っていたら、危
険信号のようです。


6. 生後1年間に急激に体重が増えた

生後1年間の急激な体重増加は、その後にも影響を与えます。


7. BMIが生後43ヵ月以前から増えた

通常は4歳から6歳の間に起こるものですが、これが早い段階で現れる
のも危険なようです。


8. 低体重で生まれても2歳までに急成長した

低体重で生れても、2歳までに追いつけ追い越せのキャッチアップで
急成長をすると、7歳で肥満になりやすいようです。栄養不良の母胎
だと「倹約遺伝子」が作動して、後の肥満、2型糖尿病になりやすい
と考えられています。


いかがですか? 生後間もない環境がこんなにも肥満児を作るかと驚
きますね。この研究では授乳の母乳か粉ミルクかの差はありませんで
した。

また、母親の教育程度や家族の食習慣、日常の体を動かす状態も把握
されていません。また、少数派のエスニックも若干少なめになってい
るそうです。



遺伝要因や環境因子はどうしようもないけど、2つだけ両親に出来る
ことがありますね。

テレビを減らして、たっぷり寝かせてあげましょう。





















みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児


ブログランキング




励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!


posted by ぽいのぶ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。