×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2009年02月07日

トイレトレーニング!

みなさんトイレトレーニングはスムーズにいけてますか?

勇成マンも今頑張ってトイレトレしてますよグッド(上向き矢印)


IMG_6861

ちゃーちゃんの手作り羞恥心&アンパンマンるんるん

ピンクは勇成マンなんですよグッド(上向き矢印)

みんな応援してるからトイレ頑張ってねわーい(嬉しい顔)





トイレトレーニングが成功する3つの点


トイレトレーニング、どうすればいい?

トイレトレーニングは、親から子どもへ初めての本格的しつけという
大切な意味を持つものです。ただ実際にトレーニングを始めると、子
どもの失敗続きのおしっこに「あっ、ここにも!」「また失敗したの
ね!」と、ついイライラ……。子どもはおびえてしまって悪循環に陥
りがちというケースが散見されます。私も実際に何人もの排泄の自
立を見て、成長を信じて待てるようになるまでは、失敗のたびに「は
あ……」とため息をついてしまっていました。

無理なく、ヤキモキせず、できることなら自然にオムツからパンツへ
のバトンタッチを果たしたいですよね。そこで今回は、トイレトレー
ニングの仕組みと、子どもを信じて待つそのコツをご紹介します。



トイレトレーニングの仕組み

子どもは最初、尿や便を生理的に排泄している状態ですが、だんだん
排泄時間のペースが一定になってきます。そのタイミングでなるべく
大人が、「そろそろおしっこ出そうだね。トイレ行ってみようか?」と
声を掛けてトイレへ促します。おしっこが出たときに「すごいね!
 ちゃんとおしっこができたね! お姉さんだね(お兄さんだね)!」
などと声を掛けることで、子どもは「ココでおしっこができると、な
んだかほめられて嬉しい……」「おしっこしたくなったら、ココです
ればいいんだな……」ということが感覚的にわかるようになります。
つまり、いままではオムツやパンツに何気なくおしっこをするだけ
だった子どものほうから、「濡れると気持ち悪い。そうならないため
にトイレに行きたい」という気持ちが生まれます。

そうなると子ども自身もおしっこが溜まってくる感覚に気づくように
なり、脳から「トイレでするまで我慢しよう」という指令が届くという
排泄の自立が完成されていきます。この仕組みを作る期間として、ト
イレトレーニングを始めてから2ヶ月ほどはおおらかに見守ってあげ
て大丈夫です。



開始するタイミング

開始時期は個人の発達度合いを見ながら、2歳過ぎごろを目安にして
みるとわかりやすいかと思います。実際のトイレトレーニング開始時
期の目安としては、オムツ交換の時間におしっこで濡れている間隔が
一定になってきたら、それがサイン。おしっこが出ている間隔が2時
間おきになってきたら、そのときを開始のタイミングと考えて声掛
けを始めてみてください。



声掛けをするタイミング

声掛けするタイミングとしては、朝起きとき、お出かけ前、お出かけ
から帰ってきたとき、家の中でおしっこの間隔が2時間になってきた
ときです。おしっこの出るそのタイミングより少し前の「そろそろか
な?」というタイミングを見計らい、「おしっこに行ってみようか?」
と声を掛けてみてください。もしその時間では間に合わないようなら、
もう少しだけ前に声掛けを。

促されて行ってみたものの出なかったとしたら、また少ししたら声を
掛けてトイレ行きを促してみましょう。この声掛けのタイミングが、
餅つきでいう「合いの手」の大切な役割をします。声掛けのタイミン
グよく、おしっこが出たときの達成感が得られると子どもにとって自
信につながり、次のステップへと進む足掛かりになります。



ほめるタイミング

これから新しい排泄の仕組みを覚えていく子どもにとって、すべてが
初めてのチャレンジ。不安なこともたくさんあります。そのときに「
また、がんばってみよう!」と思える心の支えは、大好きなお母さん
の応援です。「おしっこしたい」と教えてくれたら、そのことにまず
「教えてくれてありがとう。えらいね」と声掛けを。

便器に座る直前におしっこが出てしまったとしても、「よくここまで
できたね。えらかったね。もう少しでできそうだったから、今度はも
う少しだけ早く教えてね」と諭してあげてください。

もし便器に座ること自体を怖がるお子さんだったら、トイレが楽しく
なるようなシールやキャラクターの飾りで周りを楽しくしてあげてみ
るのも一つの手。便器の近くに行って帰ってくるだけでも、そのチャ
レンジをほめてあげましょう。その繰り返しが自信になり、便器への
抵抗を少なくします。

一般的に夏はトイレトレーニングの季節といわれたりしますが、みな
さんはどのようにお感じでしょうか? 夏が推奨される理由は衣服が
濡れてもすぐに着替えられ、気軽にチャレンジができる点ですが、一
方濡れてもそんなに気持ちが悪くないから放置してしまうという一面
もあります。逆に、冬のトイレトレーニングのほうが子どもが失敗し
たときの不快感を感じやすいので、逆に排泄自立しやすいという見方
もあったりして、一長一短。

大切なのはお子さんなりの成長のスピード。ちょうどいい開始時期が
あるということを頭に置きながら、お子さんにぴったりのタイミング
を見つけてあげてくださいね。










みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!

私はツイテル















posted by ぽいのぶ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。