×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2009年01月01日

うるう秒!!

みなさん

明けましておめでとうございますひらめき


そして今日はうるう秒なんですグッド(上向き矢印)



新年の元旦はいつもより1秒長くなる。総務省と独立行政法人情報通
信研究機構が、地球の公転・自転に基づく実際の時刻と世界標準時の
ずれを調整するため、2009年1月1日に1秒間の「うるう秒」を挿入する
からだ。たかが1秒の話だが、株や外国為替などの金融取引では、わず
か1秒の差が大損につながる可能性もあり、パソコンなどの時間調整に
は注意が必要だ。


3年前の06年1月1日にも1秒を加算

同機構が行う元旦の時間調整とはこうだ。1日午前8時59分59秒と同
9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入する。うるう秒の制度は197
2年に始まり、今回で24回目。前回は3年前の06年1月1日に同じく1秒を
加算した。


うるう秒が生じるのは、「セシウム原子の規則正しい電磁波を用い
た原子時計の時刻(原子時)に対して、地球など天体の動きに基づく時
刻(天文時)が遅くなってきているため」(同機構)という。原子時計の
時刻は「数十万年に1秒」という精度の高さで世界標準となっている
が、現実に存在し、人々が実感する時間は、天体の運行に基づく天文
時というわけだ。原子時は1958年に世界標準と定められ、世界に約300
台ある原子時計の平均値から、パリにある国際度量衡局が決定すると
いう。日本には同機構に18台がある。


原子時と天文時が一致しないのは、地球の自転速度は月や太陽の
引力による海面の変調のほか、海洋や大気の動きなど、様々な自然環
境の変化によって、天文時が徐々に遅くなっているためという。この
原子時と天文時のずれを0.9秒以上にしないのが、うるう秒の役割と
いう。



みなさん知っていましたか?


朝の9時は楽しみですねわーい(嬉しい顔)

てか寝てるかもたらーっ(汗)






みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!




posted by ぽいのぶ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。