×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2008年06月17日

砂場遊びー!乳腺炎!!

昼間は暑いですねあせあせ(飛び散る汗)

とうしゃん暑さには弱いんですがく〜(落胆した顔)


今日は勇成マン家の砂場で遊びましたわーい(嬉しい顔)


IMG_2245.JPG

真剣に遊んでいますグッド(上向き矢印)

顔に血がexclamation×2exclamation×2

これは血じゃないんですたらーっ(汗)

やんちゃな勇成マンは朱肉をさわりまくって顔にもつけてしまった

んですふらふら


IMG_2246.JPG

好きなことしてるとご機嫌でするんるん


IMG_2248.JPG

一生懸命砂を運んでいますわーい(嬉しい顔)


IMG_2261.JPG

勇成マンは走るのも好きなんですダッシュ(走り出すさま)

自分で「よーいドンexclamation」って言って走りまするんるん

あっち行ったりこっち行ったりダッシュ(走り出すさま)

たまにこけますがケロッとしてまた走り出しますわーい(嬉しい顔)


おまけひらめき

IMG_2243.JPG

小学生勇成マンexclamation×2


今日かぁしゃんは熱が出ましたふらふら

もしかしたら乳腺炎かもバッド(下向き矢印)

寝たりして体を休めてるとだいぶマシになったみたいですグッド(上向き矢印)

というわけで


乳腺炎とは



「乳腺炎(にゅうせんえん)」とひとくちに言っても症状はさまざま
で、元々あったしこりが、どんどんひどくなって熱を持って、真っ赤
になり、乳腺炎となる場合や、なんの前触れもなく、ある日突然ドカ
ンとしこりが出来て、一気に高熱が出る場合や、熱はないものの、
おっぱいが石のように固くなり、搾乳もできないほどになる場合など
があります。


 どんな状態にしても、そのままにしておくとどんどん悪化し、切開
(手術)しなくてはいけなくなります。おかしい!と思ったら早めに
対処することで悪化を防ぐことができます。

  前もって、近くにマッサージをしてくれる助産院や産婦人科が
あるかどうか調べておくことも大切です。
  助産院に行けない場合は、自分でしこりを見つけ、それに繋が
る乳腺からしっかり搾乳してください。

  産婦人科だと抗生物質などを処方されて終わりということもよ
くあるようです。お薬を飲んでも授乳は出来ますが、一時的な対処
法であり、根本的な解決にはなりません。

(1)一番良いのは赤ちゃんに飲んでもらうこと  

乳腺炎の一番の対処法は、赤ちゃんにいっぱい飲んでもらうこと。
乳腺炎になった母乳でも、赤ちゃんの身体に悪いということはない
ので安心してください。

  ただし、乳腺炎の時はおっぱいは非常においしくない・まずい
状態になってるので、嫌がる子もいます。

起きている時は全く受け付けない子もいるほどです。
それでも飲んでもらうチャンスは、赤ちゃんが眠たそうなとき。
しこりのある部分を軽く押しながら、飲んでもらうといいですよ。
ある程度、言葉が分かっている月齢であれば、「ママのおっぱい、
ちょっとおいしくないけど、○○ちゃんが飲んでくれないと痛いの。
飲んでくれるかなぁ?」などと言い聞かせるのもわりと効果的だそ
うです。

  
(2)食事には気を付けよう!

 乳腺炎になった時の食事は、いつもよりカロリーの低いもの、和
食中心にして、水分の摂り過ぎには注意してください。特に温かい
飲み物は飲まないようにしてください。

 でも熱やしこりが治まったからといって普通の食事にいきなり戻す
のは待って下さい。乳腺炎の原因は、ストレスや血行不良などもあり
ますが、一番は食事です。「今まで何を食べても大丈夫だったのに」
と言われる方もおられますが、その時は大丈夫だったとしても、少し
ずつ少しずつ状態が悪くなり、一気に乳腺炎になるんですよ。
 普段の食事の内容を見直して、乳腺炎になりにくいおっぱいを保っ
てください。

(3)湿布

 熱を持っている場合、氷など冷たいもので一気に冷やすのはかえっ
て危険です。冷えピタなどの冷却シップは割といい冷たさなので、
問題ないですが、乳腺炎の時には、じゃがいも湿布・キャベツの葉の
湿布・ユキノシタ湿布が効きますのでお試しください。


(4)飲み薬

 乳腺炎になりそう!熱が出てきそう!と言うときには、葛根湯が効
いたという方が多いです。また、ゴボウの種を煎じたものも、乳腺
炎に効くと言われています。

ゴボウの種は薬局・漢方薬局等で手に入ります。大さじ山盛り1杯ぐ
らいを1リットルくらいの水にいれて、 湯が半分になるまで煎じる
そうです。1度に飲むよりも、少しずつを数回に分けて飲むと効果
的のようです。

 葛根湯は、ゴボウの種と同じく、乳腺炎や、乳腺炎になりそうな
体のだるさ・熱の出始めなどや、ママが風邪ぎみで市販の薬が飲め
ない・・という時に飲むと効果的です。薬局などで売っています。
ドリンクタイプのものが飲みやすく良いようです。
 赤ちゃんに影響はないですが、念のため飲む場合は、出来るだけ
授乳直後など、赤ちゃんに次に母乳を与えるまで間隔があくように
してください。


(5)搾乳・マッサージ

 軽いしこり・詰まりの場合は、自分で搾乳して詰まりを取り除く
ことも出来ます。しこりの部分を軽く押したり、少し温かいタオルで
しこりの部分を温めながら、親指・人さし指・中指で乳首まわりを
持ち、搾りだしてみて下さい。自分ではどうしようもない時は、やは
り桶谷や山西系の助産院がおすすめです。


(6)血液の状態

 おっぱいはママの血液から出来ているので、ママの血液の流れが
悪いと詰まりやすくなります。ワイヤー入りのブラジャーや、締めつ
け感のあるブラジャーは、血液の流れを悪くするので、なるべくひか
えるように心がけてください。肩こりや冷え症の人は軽いストレッ
チをしてみたり、血液の流れが良くなるよう心がけて下さい。また、
ドロドロ血液をキレイなサラサラ血液にするために、たんぽぽコー
ヒーやたんぽぽ茶、プーアル茶などを普段から飲まれるといいです
よ。



みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!



posted by ぽいのぶ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。