×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2008年04月22日

バイク乗るのは早い!妊娠33週

昨日は更新できませんでしたがく〜(落胆した顔)


日曜は買い物へ

バイクの展示がしてあったので行ってみることにわーい(嬉しい顔)

勇成マンは「バイクexclamationバイクexclamation

と大はしゃぎまではいかなかったですけど喜んでましたるんるん


で乗せてみると



IMG_1544.JPG

なかなか様になってますねグッド(上向き矢印)








妊娠9ヶ月・コミュニケーション
(妊娠32〜35週)



里帰り出産は妊娠35週ごろまでに帰郷しましょう 

里帰り先の病院への予約は済みましたか。できれば妊娠中
期に一度帰郷し、里帰り先の病院で健診を受けたり、母親
教室に参加しておくと安心です。妊婦検診に通っている病
院には早めに伝えて、妊娠経過を記した紹介状を頼んでお
きます。

 できれば、妊娠9カ月のうちに、遅くても妊娠35週ごろ
までには帰省しましょう。妊娠10カ月になると、妊婦健診
は1週に1回になります。お産入院までに4〜5回は健診
を受けたいものです。

 帰省する時の交通手段は、できるだけ短時間で済む方法
で。パパの運転する車で帰る時は渋滞を避けて、無理のな
いスケジュールで帰りましょう。  


   
おりものが増えたら注意を 

普段よりおりものの量が増えたり、黄色みを帯びたりした
時は、かゆみなどの症状がなくても早めに診察を受けまし
ょう。細菌性腟症といって、とくに症状のないままに、居
候のような細菌が増えていることがあります。細菌性腟症
であっても、母体には何も困ったことは起きません。しか
し、細菌が子宮のほうへ上がり、卵膜(赤ちゃんを包む膜)
に炎症が起こると、破水して早産になる心配があります。
早産の大半は、この細菌性腟症による卵膜の炎症(CAM)
が原因とわかってきました。

 最近は、腟分泌物の検査で細菌性腟症を早期発見したり、
早産の兆候をいち早くキャッチする検査法ができるととも
に、炎症を抑えて早産を防ぐための治療法もあります。細
菌性腟症と診断された場合も、ママは必要以上に心配せず
に、指示された治療をきちんと受けるようにしましょう。

   
   
母子感染の検査は積極的に受けましょう

 お産の時にママから赤ちゃんに感染する可能性のある病
気がいくつかあります。B群溶連菌(GBS)は100人中
5〜10人ぐらいのママに認められ、生まれた赤ちゃんに感
染すると重症になる心配があります。クラミジア感染症も、
産道で赤ちゃんに感染するとクラミジア肺炎を起こす可能
性があります。

 妊娠後期の妊婦健診では、以上のような母子感染の心配
がある病気だけではなく、お産を視野に入れたいろいろな
検査が加わってきます。たとえば、母体に出血傾向がない
かどうか、新生児の頭蓋内出血、新生児メレナになりやす
いかどうかのチェックなどがあります。また、超音波検査
では、赤ちゃんの位置や姿勢(胎向)だけでなく、ママの
子宮頸管が短くなっているかどうか(展退率)などを観察
して、お産準備状態がどのぐらい整っているかを調べるこ
ともできます。

 出産予定日が近くなるにしたがい、妊婦健診の回数が多
くなることもありますが、ママと赤ちゃんを守るためなの
で、指示通りに受けるようにしましょう。











みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!



posted by ぽいのぶ at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。