×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2008年04月19日

指にアンパンマン!妊娠33週

お菓子についてくるおまけのアンパンマンを

指にはめて遊んでおりますわーい(嬉しい顔)


IMG_1492.JPG


ちゃーちゃんのお腹もだいぶでかくなってきましたexclamation×2

もう産まれるんちゃうかと思うぐらいたらーっ(汗)



妊娠9ヶ月・ママの状態
(妊娠32週〜35週)


胃のもたれ、動悸、息切れなどが出てきます

 子宮がみぞおちのあたりまで届いてきますから、胃や
肺を上にもちあげ、心臓を圧迫するようになります。こ
のため、胃がもたれたり、動悸や息切れなどの症状が強
くなります。

 胃が子宮に押されると1回に食べられる量が減ります。
過食をしないように、1回の食事量を抑えてくれる胃から
のサインと受け止めましょう。食事量が減った分、すぐに
おなかがすきます。お菓子などの間食が欲しくなりますが、
これはガマン。1日の食事量を6回ぐらいに分けて食べる
「小分け食い」にするのがコツです。

 このころには、血液の循環量が妊娠前より30%以上多く
なって心臓への負担が大きくなるだけでなく、肺や腎臓な
どすべての内臓への負担がピークに達してきます。軽い動
悸や息切れはほとんどのママが経験しますが、心配な時は
早めに医師に相談しましょう。  


   
腰が痛くなったり足がつることも

 大きくなった子宮を支えるために、腰に負担がかかり、
腰痛症状が強くなるママが多くなります。足のつけ根にも
負担がかかり、股のあたりがつれたり、足がつったりする
ことがあります。

 おなかが大きくなると、体を動かすのがおっくうになり
ますが、適度な運動は、血行をよくして腰痛解消にも役立
ちますし、太りすぎや妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の
予防にもつながります。積極的に体を動かすようにしまし
ょう。

 マタニティエアロビクスやスイミングに通っているママ
は、医師の許可を受けながら、引き続き、楽しく体を動か
しましょう。ウォーキングやラジオ体操などを日課にする
のも効果があります。ただし、おなかが張る時は、無理を
しないで休みましょう。    
   


尿が近くなったり、尿がもれたりします

 子宮が膀胱(ぼうこう)を圧迫して容量が少なくなり、
尿が近くなります。残尿感といって、排尿後に尿が残って
いるような感じも出てきます。尿意を我慢すると膀胱炎な
どの原因になりますから、トイレは我慢しないようにしま
しょう。

 くしゃみや咳をして下腹部に力が入ると、尿が少しもれ
ることがあります。腹圧性尿失禁といって、お産が近くな
ったママにはよく見られるトラブルです。ホルモンや大き
くなった子宮の影響で、内臓を支えている骨盤の底にある
筋肉(骨盤底筋群)がゆるんだり、疲労します。

もともと尿道が短い女性では、骨盤底筋のゆるみに伴い、
尿もれが起こりやすくなるのです。尿失禁用のパットを使
ったり、下着をまめに替えるなどの対策を。

 ただし、ときには破水(はすい)のことがあります。破水
は赤ちゃんを包む卵膜が破れて中の羊水が流れ出るもの。尿
と違って羊水は臭いがなく無色ですが、自分では区別がつか
ないこともあります。破水かも知れないと思ったら、早めに
診察を受けましょう。








みなさんいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

初めての人もコメントいただけたら嬉しいでするんるん

コメントはという方は、ポチッと応援だけでも

嬉しいですわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
ブログ村 男の子育児



ブログランキング



励みになりますm(_ _)m !c_010.gif ありがたアンパーンチ!



posted by ぽいのぶ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。