×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2007年03月02日

でかくなったな勇成君!?

070302_100716_M.jpgあれ!大きくなった勇成かと思ったらスヌーピーじゃんもうやだ〜(悲しい顔)


勇成君隅っこでおねんね(-.-)Zzz


しかしスヌーピーの頭デカすぎバッド(下向き矢印)


posted by ぽいのぶ at 13:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然の恵みで心豊かに!

 お散歩は、空、雲、草花、動物など、自然の恵みからグローバルなやさしさを育むチャンスです。歩きながら、「空が青くてきれいね」「テントウムシが飛んできたね。かわいいね」と言う言葉かけが大事。

 お母さんの情感あふれた言葉に、自然界に興味を持ち、豊かな心を育み、そこから生き物に対するやさしさが生まれてくるのです。

 言葉もわからない赤ちゃんにブツブツ言うのは、恥ずかしいと思うお母さんは、赤ちゃんだけに聞こえる内緒話でも効果ありです。


レストラン今日の離乳食レストラン

野菜の豆腐和え
ひらめき豆腐1/8丁
ひらめきキュウリ1.5cm
ひらめきキャベツの葉1/4枚
@キュウリは皮を剥いてから4つ割りにして、キャベツと一緒に茹でる。
A@をみじん切りにしてから、潰しておく。
B潰した豆腐にAを加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

ホームページ制作


photo.jpg
ヨーグルト食べておひげの
おやじになりましたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)たらーっ(汗)
食いしん坊ぶり発揮ですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


posted by ぽいのぶ at 09:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優しさ、思いやり!

ぴかぴか(新しい)スキンシップが優しさの素ぴかぴか(新しい)

 子どもは新生児のときから、やさしさを感じることが出来ます。授乳、沐浴、おむつ替えなどの日常生活で、お母さんの肌のぬくもりから愛情を感じ、心地よさを体験しているのです。

 この時期の、母親のスキンシップが、子どものやさしさを育む原点となります。

 でも、これらを日常生活の義務として機械的に行っては愛情は伝わりません。おむつ替えなら「おしりが気持ち悪かったね。さっぱりしようね」という心からわいてくる愛情と言葉かけが大切です。

 抱っこもおおいにしてあげましょう。子どもは、何か不安な事や恐怖心があって、”抱っこ”という形で母親を頼ってきます。数秒間でも抱っこしてあげると、子どもの心が安らぎ、そして、心地よい体験は、他人へのやさしさを育みます。


レストラン今日の離乳食レストラン

白菜のベーコン煮
ひらめき白菜2/5枚
ひらめきタマネギ1/10個
ひらめきニンジン輪切り0.5cm
ひらめきベーコン1/2枚
ひらめきだし汁大さじ3
ひらめき片栗粉小さじ1/3
@ニンジンは茹でてイチョウ切りにし、白菜も茹でて1cmに切る。
Aタマネギはみじん切りにする。
B鍋にベーコンを入れてさっと炒め、ニンジン、白菜、タマネギを加えてさらに炒める。
CBにだし汁を加えて煮込み、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら出来上がりです。

ホームページ制作

ほ乳瓶(グーフィー)

posted by ぽいのぶ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。